当サイト掲載漫画一覧のページはこちら
椿ヶ丘団地の管理人

椿ヶ丘団地の管理人 2話ネタバレ

椿ヶ丘団地の管理人 2話ネタバレと感想



1つ前の1話ネタバレ記事はこちら♪

椿ヶ丘団地の管理人 1話ネタバレ椿ヶ丘団地の管理人 1話あらすじとネタバレ admage_js('https://mobee2.jp/ad', 'me...

椿ヶ丘団地の管理人 2話ネタバレ

さあどうぞ♡

管理人さんは自分でスカートを捲って住人の重村さんにま〇こを見せる。

お尻を突き出してまるで自由に舐めたり入れたりしていいですよ♡

とでも言わんばかりのやさしい笑顔も見せている。

その光景に驚き立ちすくむ美智子。

重村さんは管理人さんのま〇こをおいしそうだと言いながらべろんと舐めだした。

重村さんはふふっと満足そうに笑い管理人さんのま〇こをクンニしている。

管理人さんは自分のま〇こを美味しそうに舐めている重村さんを見ながら優しく微笑んでいる。

ほんとク〇二好きね。

とまるでいつもされているかのような発言もしている。

重村さんは興奮して来たのか次第にクンニが激しくなっている。

管理人さんもあっんっと声を抑えることが出来ない。

美智子はその光景がただただ信じられないばかり…

ちょっちょっと…!!

目の前で起こる信じられない光景に嫌悪感を抱きまるで汚いものを見るかのような目でその行為を見つめる美智子。

美智子の目に映っているのは重村さんにま〇こを舐められて感じて喘ぎまくっている管理人さん。

重村さんはクンニを堪能して

「いやぁ最高のおま〇こですよ 管理人さん ではそろそろ…」

と言って自分のズボンのチャックを下ろし出す。

こっちで楽しませてもらいましょうかといきり立ったチ〇ポを出して管理人さんに見せる重村さん。

管理人さんも嬉しいのかふふっと笑っている。

管理人さんは自分でパンツを脱ぎせっかちねと言って足を上げる。

その光景を見た美智子はますます信じられず驚いている。

壁に手をついて犬のおしっこのような体勢で重村さんのチ〇コの挿入を待つ管理人さん。

重村さんはチ〇コを管理人さんのま〇こにあてがっている。

美智子はまさか最後までするのか!?と信じられない様子。

むにっと重村さんのチ〇コが管理人さんの膣の入り口を圧迫する。

ズンッと言う感じで管理人さんのま〇この中に重村さんのチ〇コが挿入された。

あうっという管理人さんの喘ぎ声。

管理人さんは身体をビクッとさせている。

やっぱりいつも通り最高のおま〇こですよと満足そうな重村さん。

管理人さんは重村さんのチ〇コが気持ちいいのか口を開けて喘いでいる。

ぐちゅぐちゅパンパンとピストンをする重村さん。

管理人さんは気持ちよくて足をピーンと伸ばしてつま先立ちの状態になっている。

しばらくピストンを繰り返し管理人さんも喘ぎまくり感じまくり。

重村はそのまま管理人さんの中に射精した。

管理人さんは射精が終わった重村さんに優しく微笑んでふふっいっぱいでたね♡と嬉しそう。

管理人さんのま〇こからはどろっと重村さんの精子が溢れている。

大量の精子は重村さんが管理人さんの為に5日分貯めといたらしい。

それを聞いてやだもう♡と嬉しそうな管理人さん。

ではまたと言って重村さんと別れる管理人さん。

まるでいつもの日常のことのように。

管理人さんはマンションの陰で見ていた美智子を見つける。

今のことを見ていたことに気づく管理人さん。

見られてはずかしいわ、重村さんは外でヤルのが好きなのよ♡

と日常であることの発言をする。

美智子がああいうことは外ではしない方が…

と指摘すると

でもこれも仕事だから仕方ないのよと管理人さんは言う。

まさかこれも管理人さんの仕事のうちなのかと驚く美智子。

さっき美智子が管理人の仕事の一覧の紙に書いてあったサービスというのが気になると言ったのは、

まさにこの住人への性的サービスだったのだ。

さっき重村さんに渡されたチケットがサービス券になっていて
管理人にこれを渡せば枚数に応じたサービスを受ける事が出来るという。

詳しない様は美智子に渡したリストに書いてあると言う。

美智子がリストを見てみると

3枚・・・口淫

5枚・・・本番

10枚・・・貸し切り※10時間まで

と信じられない内容が書いてある。

このサービスのチケットは単身の男性に毎月10枚配られると言う。

もちろんタダではなく、彼らには毎月三万円と首つ共益費として頂いている。

その内二万七千円が管理人の給料として支払われると言う。

券を配っているのは現在29世帯。

つまり月収78万円だという。

これだけあれば母子家庭の美智子も楽に暮らせるんじゃない?と管理人さんは勧める。

美智子は管理人の仕事が書いてあるリストを投げ捨てて怒った。

「ふざけないで!!何が管理人よ!!こんなのただの売春婦じゃない!!」

団地ぐるみでこんなことをしているなんて

ここには小さい子供も住んでいるのに

汚らわしい!!

と美智子は言い捨てた。

誰がやるものか。

美智子の拒否は強かった…

つづく!



椿ヶ丘団地の管理人 2話感想

美智子が少しやる気になってきていた団地の管理人の仕事でしたが、まさか独身世帯の住人への性サービスが

管理人の仕事の内容に含まれているなんて…

そりゃあ普通に拒否しますよね(^^;

でも1人当たり2万7千円で29世帯もの相手から収入を得れるとなると何と78万円の給料にもなるんですね。

美智子が言うようにたしかに管理人と言うより売春婦なのかもしれませんが、売春婦はお客を探すのに苦労する部分もあるとは思いますが、

管理人のポジションなら確実に毎月素性の知れたお客が確保されるという点では安全に安定した収入が得れるという部分ではメリットがあるかもしれませんね(^^;

ただ美智子も小さな子供の親。

自分が住んでる団地の住人と性サービスをしているところを子供に見られでもしたら…

なんてことを考えると普通は出来ませんよね…

美智子は現在仕事を首になって家賃を滞納している身でたしかに給料面ではかなり魅力的だとは思うのですけど…

今のところ絶対にしないと言い切った美智子ですが、はたして3話以降はどうなるんでしょうね(*´Д`)

それにしても管理人さんの足を上げてバックからついてほしいと言わんばかりの体勢のセックスもなかなかエロくていい感じで抜けました(*´Д`)

画像タッチ↓で無料立ち読み!