当サイト掲載漫画一覧のページはこちら
コースケおすすめのエロ漫画

陰キャ美少女は、担任にヤられてもイキまくる 1話ネタバレ感想!

陰キャ美少女は、担任にヤられてもイキまくる 1話のあらすじとネタバレ



陰キャ美少女は、担任にヤられてもイキまくる 1話あらすじ

男を狂わせるほどの色気のある身体つきの少女。

彼女に狂い過去に男性教師が3人も強姦未遂で捕まっている。

そして今回もうだつのあがらない第幾教師が…

彼女の魅力にくるいはじめていた。

吉沢茜

幸が薄そうで陰キャな彼女はとっても性格が良い子。

だが男を狂わせるほどの身体つきとカワイイその容姿から同年代の女子には疎まれいじめをうけていた。

そのことを担任の体育教師に相談しに体育準備室に相談に行ったら、モテない体育教師は我慢することが出来なくなり…



陰キャ美少女は、担任にヤられてもイキまくる 1話ネタバレ

すやすやと自宅のベッドで寝ている女の子。

服はタンクトップがはだけていてかなりの巨乳が零れ落ちそうになっている。

朝起きて身支度をする女の子。

(今日も行きたくないな…)

と思っている。

制服に着替えながら

「お母さんスカートどこー?」

と話したりして制服のスカートを履くときもプリンとしたお尻が目立つ。

(またお尻大きくなってる)

「痴漢されないようにきをつけなさいよ」

と母親に言われる女の子。

この身体つきだから普段から痴漢にあいやすい。

「はーい」

と笑顔で家を出る女の子。

幸が薄そうな華のない美少女

今の言葉でいうと陰キャというのか…?

学校に1人くらいはそういう生徒がいる

そういう生徒にかぎって

「今日もでかいねー」

「AV行かねぇかな」

「カラオケ誘う?」

「そういうのしなさそー」

「………」

やたらといやらしいカラダをしていたりする

だがこの子はその中でも別格

俺のクラスの生徒吉沢茜(よしざわあかね)

その体は浮世離れしすぎていて…

学生の身でありながら大人でもかもしだせない色気をはなち

大人のオスを狂わせていた…

なかには理性と社会の方を突破してしまう者も

前の学校で1人今の学校で2人

彼女によって3人の教師が学校を去っている

強〇未遂

襲ったのだ…我慢ができずに

その日はじめっとしていた

婚活サイトで7人目の女性とようやく食事ができ
次の誘いを入れてはみたが…それっきり反応がない

また一からやり直し…これで何度目だ?
すでに教師生活も十数年…
うだつのあがらない先公が板につき
熱血体育教師に憧れていた心は
すでに冷めている

それどころか人一倍強い性欲のせいで
借金をこさえるほど風俗の沼にハマり
人生の行き止まりを感じていた

コンコンと体育準備室のドアをノックする女の子

「どうぞ」

入ってきた吉沢は服がびしょ濡れでポタポタと雫が床に落ちるほどだった。

はちきれんばかりの乳房

「先生…あの…明日のHRで使うプリントをとりにきました…」

「どうした…?その姿?それに今日の日直はお前じゃないだろ?」

「……」

「まぁはいりなさい」

透けて見えるかとおもうほどの若々しい肌に重力に逆らうはりのありそうな桃尻

この年齢になぜ色気をまとった贅肉がついているのか

男を悦ばせる下半身

「いじめ…?」

「…トイレに入っていたら…水をかけられて…」

驚きはしなかった

この子の容姿は男子を狂わせ

ゆえに女子に疎まれる…

性格も暗い

ゴクリ…

「誰がやったんだ?」

「…多分」

いけないと思いつつも
自然と視線が吸い寄せられる…

「ウチのクラスの…〇〇さんと〇〇さん…」

胸元と太ももに

「あと…」

めったに人が来ない体育準備実に
放課後の人がいなくなる時間帯に
吉沢と二人きり…

「主犯はだれなんだ?」

よこしまな心が頭を支配していくのがわかった
自分の生徒に一回り以上も年下の子に
こんな感情いだくなんて…と
馬鹿馬鹿しいと思い直すも

「たぶん…〇〇さんです」

そんな理性はすぐ消えてしまうほど
濡れて下着が透けている吉沢の容姿は
暴力的なくらい魅力で…

「……先生?」

「ぁぁ…スマンえっと…他にどんな事をされたんだ?」

「靴を隠されたり…ノートに落書きされてたり……無理矢理…友達だよねっていって…おごらされたり」

この子に手を出してやめていった教師達の気持ちがわかった

幸の薄そうな美少女

…なぜかわからないが押せば自分でもヤれてしまいそうな…感じ

〇学生とは思えない不自然なまでのピンポイントな発育
男を惑わすために生まれてきたかのようなカラダ

愛でるのではなく男女男りたくなるようなキャラ…?

「わたしが根暗なのがよくないんです…でも…どんどんひどくなってきて………先生?」

「ん?あぁ……聞いてるぞ…」

生成の股間はピクピクと反応しムクムクと大きくなってきていた。

気づけば…立てないくらい勃起していた

教師失格だろうがこの子を前に
大人の欲情を押さえれるヤツがいるだろうか…

正直いじめられている話もいまいち頭にはいってない

「…なんだかすこし安心しました 人に相談したのこれが初めてで…ありがとうございます」

ッ!

教師は顔が赤くなっている

「あ これ明日の授業で使うプリントですよね?」

プリントをとるときに前かがみになってお尻がプリンと目立つ

「私教室にかばんおいてるんでついでに持っていきます 濡れないようにしなきゃ…」

そう 吉沢は…

「…先生…いじめのこと」

とても とても

「また相談させてくださ…」

いい子なのだ

「えっと…」

教師の手は吉沢の胸に伸びている

そしてガシッグニィ!とおっぱいを掴んだ

「ひゃあっ え…?」

「だ誰にもいうなよ…?」

自分の口から出た言葉に驚いた

「いいな…」

「ぅそ…えっ先生…え?」

してはいけない

けっしてしてはいけないことをしている…

だが一度吉沢の乳房の感触を知った手は
そのまま離す事はなかった…

つづく…!

画像タッチ↓無料立ち読み!