無視せざるを得ぬ町…っ!

無視せざるを得ぬ町…っ! 第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その2 ネタバレ



公式サイトで無料試し読みはこちら

クラスのマドンナが
クラスの真ん中で
バックでがんがん突かれまくっている

クラスの男子は大半が真由子のことを好きなのに…

真由子に対してそれぞれがいろんな思い出があって…
でも真由子はみんなのアイドル的な存在で
みんなが好きだった…

その真由子がまさか無視しなくてはならない男におっぱいを揉まれて
ハメられて…

助けたくても無視しなければならないから助けることも出来ない…

音読の授業中なんだけど
真由子が音読する番なんだけど
後ろからちんぽを入れられて音読どころではない

それどころかシーンと静まり返る教室に真由子の喘ぎ声が響き渡る

はじめは嫌がっていたけど
だんだん体が熱くなってきて
連続イキまでした真由子

その真由子の言った声を聞きたくないと思いながら耳を塞ぐ生徒

今日のオカズにしようと思いその声を脳裏に刻もうとする生徒

喘ぎ声をみんなに聞かれるのなんて絶対嫌だけど
それを我慢できないほどイキ狂う真由子

男に中出しされたとき
真由子は一番いやらしくなまめかしい声を出した(*´Д`)



公式サイトで無料試し読みはこちら

1つ前の話のネタバレ記事を読みたい方はこちら

無視せざるを得ぬ町…っ! 第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その1 ネタバレ

無視せざるを得ぬ町…っ!
第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その2 感想

幼馴染でクラスのマドンナってもうあれやん♡

セックスしたらあかんやつやん♡

セックスせんと綺麗な思い出でおわらせるやつやん…

しかも真由子はクラスのみんなの幼馴染でクラスみんなの憧れ♡

街中が知り合いみたいな田舎の町だからみんなにとって幼馴染だし

その真由子とセックスするとか…

しかもクラスのみんなの前で
授業中に

でもみんなは主人公の男を無視しなければならないので
真由子がセックスされてても助けにもいけないし
セックスしてる方を向くことも出来ない…

犯されまくって喘ぎまくってる声だけをただただ聴いていなければならない

そんな誰もが夢にはみたけど現実には出来ていない真由子とのセックス♡

こんなクラスのマドンナっていてもほとんどの人は憧れだけでおわるのに…

街中から無視されることになったおかげ?
でマドンナの真由子とセックスし放題♡

さすがみんなが好きになるだけあって

気持ちよがってる顔
喘ぎ声
身体のよがり具合

どれをとってもめっちゃ興奮する感じですね(*´Д`)



公式サイトで無料試し読みはこちら

無視せざるを得ぬ町…っ!
第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その2 ネタバレ

プルプルとチョークを持つ手が震えている女教師

コホン……
そ…それでは…その…
お…音読をして
もらいましょうか……

今日の音読の順番の人は
起立して………あっ!…

(きょ…今日の
音読の順番って…)

…………
……はい…
(真由子は丸出しになったパンツからポタポタと滴り落ちるマン汁を垂らしながら音読をはじめる)

…「ほ…
…「ほうとする程
長い白浜の先は……
また目も……ッ

真由子が音読をはじめても容赦なく真由子のまんこを開ける男

くぱぁ

ビクン

パンツを横にずらし
まん肉を両手で開けると
ポタポタとまん汁が滴り落ちる

うわっすっげメス臭
トロっトロじゃん
真由子
挿れていい?

………っ!?

真由子の身体はブルブルと震えだす

指でくにくにとまんこを弄ると
ぴゅっぴゅっと汁が出てくる

ほら真由子のま〇こ
トロっトロの涎たらし
ながら チ〇ポのこと
待ってるぜ
入り口もすげぇ
吸い付いてきて
指食われちまい
そうだし
な?
真由子のま〇こに
チ〇ポいれていいだろ?

真由子は顔を真っ赤にしながら
体はブルブルと震え
ふ~ふ~ふ~と
息が荒くなっている

ダメだったら
言ってくれよ?
俺ダメって言われた事は
しないタイプだからさ

(うそ……)

…っ
と…っ

(うそ
だよね……)

「と…届かぬ海が
揺れてゐる……っ

音読を続ける真由子のプルプル震えるお尻♡
そしてひくひくとしながらポタポタと汁を垂らすまんこに
ち〇ぽを近づける男

そ…「その波の青色の…
は…っ はぁ…はぁ…っ

(お…お願い…
それだけは
どうか許して…)

なんも言わないって
ことはオッケーかぁ

(それだけは…)

なんかすげぇ
ラッキーだなぁ

ま…
末が…

こんなそそる
ケツにぶち込める
なんて

はぁ…っはぁ…っ
あ…「頭の……
……ひぅ…っ

ぐぢゅ…
とまんこにちんこを入れると
真由子の身体はビクッとして
ブルブルと震えている

まさか真由子とセックス
する日がくるとはなぁ

……あ…あ……
「頭の………っ

しかもこんな授業中に

ぐぐ…とちんぽを押し込むと
ぷちっぶちっと音を立てながら入っていく

お…~~~~~~っ

おっ…
きっつ…

はぁぁ…っ
(は…
入って……
大き……
無理こんなの…っ
嘘…っまだ
入って…)

あぁ…っ

(からだ…裂かれ…)

か…はっ…
~ッあ”ッ…
ずぶぶぶぶ~っ

ビクッ
ふ…ぐッッ
~ッ

おっ
おっ
おっ

ぱんっ
ぱんっ
ぱんっ
ぱんっ

ぐっちゅ♡
ぐっちゅ♡
ぐっちゅ♡

はぁッ
はぁッ

ぶるんっ
ぶるっ

なんだこれっ
すげぇ気持ちいいそっ

はぁッ
はッ♡
はぁッ
はッ…
はぁッ

ビクッ
ビクッ

みんなっ真由子の
ま〇こスゲェぞっ!

はぁッ
はッ…
はぁッ
はッ♡

熱いトロっトロ肉が
絡みついてきて…っ
チ〇ポを
ニュルニュル
締め上げてくるっ
あ~~~~っ
あ~~~~っ
すげぇいいっ…っ
真由子のま〇こ
すげー名器っ!
オ〇ホ余裕で
越えてる…っ

(う……
動かないでぇ…っ)

はぁ…っ
(苦しい……
これ…私のからだの
どこまで入って……
あぁあ…っ
あそこが熱いぃ…っ)

はぁ…っ
はぁ…っ
は…っ
(突かれるたびに…っ
体に電流が走って…
い…意識が
とんじゃいそう…っ)

はぁ…っ

ほら
真由子しっかり読めよ
俺のことは無視して
せっかく音読の
練習したんだろ?
練習してんのみかけたぞ?

はぁ…っ
ふぐ…っ
ふ…っ
(……よ……
読まなきゃ……
読まなきゃ……)
ひ……
「日が照る…ぅふぅっ
ほ…っほどぉ…おっ
かっ…「風の吹く…
ころぉ……うぁ…っあ
あ”ッ♡
ア”ッ♡
んうッ♡
んあ”ッあッ♡
「私はぁぁ思うの
だぁぁぁ…っあぁっ
(だ…だめ……
読めなtね
何かくる…っ
くるぅ…っ)
ッあ”~ッ♡♡
んッッ
(さっきのとちがう…
体験したことのない…
すごいのが…)
あ”ァッ♡♡
ア”ッ♡
あ”ぅッ♡
(だめぇっいや…っ
こわいっ…
こわい…っ
とめてぇ…っ
とめ……)

ん”~ッ♡♡
ん”んっ♡
ん”ん”ッ♡
ッ♡
ビクッ
ビクッ
ん“ん“ッ♡
~ッ♡♡♡
ふぁッあッ?♡♡
(あああっ
待っ…っ
止めてぇっ)
ひあッ♡
(今さっきより
ずっと敏感になってて…)
はあ”あ”ッ♡
(嘘…またきちゃう…っ
なんでこんなすぐ
何度も……っっ
いやだぁ また
きちゃうよぉぉっ
助け… ……っっ)
はあ”ぁあッ♡ッ
ふ~ッ♡
(もう…っ
もう突かないでぇ
ダメなのぉぉ…っっ)
~ッ♡♡♡

真由子のことを好きな男子は
真由子とのいろんな思いでを思い出しながら
今のこのあり得ない状況を受け止められずにいる…

連続イキした真由子はもう狂ってしまうほどになって…

男は真由子の中に出す♡

つづく!



公式サイトで無料試し読みはこちら