当サイト掲載漫画一覧のページはこちら
レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~

レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~ 第1話 レンタル彼女でやってきたのは憧れのアイドル「一色奈緒」!? あらすじネタバレ感想!


公式サイトで無料試し読みはこちら

やばっ!!

これまじで興奮します…♡

今回紹介するのは

レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~

の第1話なんですが

アイドルおたくの男が
彼女を作るためにアイドルは卒業して
彼女作りに本気をだすというところからはじまるんですが…

男は童貞で今まで彼女もいたことなし…
とりあえずレンタル彼女ってサービスで
彼女が出来た疑似体験で慣れていこうってことにする

でそのレンタル彼女できた女の子が今まで何年も追っかけしてた
アイドルの一色奈緒だった…

憧れのアイドルが自分の目の前に

しかも会う前のレンタル彼女のサービスのチャットでアニメオタクという共通点で盛り上がって
デートは家でアニメの鑑賞会になっていた!!!
もちろんサイトのチャットでは相手が一色奈緒だなんて思ってもいなかったんだけど…

待ち合わせ場所にいる女の子がなんだか一色奈緒に似てるなぁと思っていたらなんと本人で
しかもレンタル彼女の相手役だったというわけです!!!

もうアイドル卒業とかどうでもいい

もちろん興奮状態で予定通り家に呼んでアニメの鑑賞会をする

横に一色奈緒がいるってだけで
そしてなんだかいい匂いもするし
アニメの内容は全く入ってこなかった(^^;

そしてまだ時間があるということで
今みたアニメの劇場版のDVDも買ったからみようとなって
みだしたが、そのアニメの劇場版はR15指定のエロい濡れ場が多い作品

そんなのを男女二人でみたらもちろん男はずっと勃起状態

奈緒ちゃんはというと
顔が赤くなってまんざらでもない感じ

そして奈緒ちゃんは目をつぶってキス待ちの顔

思いきって勇気を振り絞ってキスをした…

だけど…


公式サイトで無料試し読みはこちら

レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~
第1話 レンタル彼女でやってきたのは憧れのアイドル「一色奈緒」!? 感想

いやもうなんかめっちゃ興奮します

自分の憧れていたアイドル

今まで何年も追っかけしてて何回も握手会にも行ってるアイドルが
まさか自分の目の前に…

しかもどういうわけかレンタル彼女のサービスで出会ったからその日は一日彼女って事に…

私も今まで何度かアイドルが好きになったことがあり
最近ではさっしーが売れ始めた頃さしこのくせにってテレビでさっしーをはじめてみたんですが
あのときもし目の前にさっしーが現れてデートできたらって考えたらやばいですよね

でもよくよく考えたらさっしーってたしかファンの男性との恋愛が問題になったけど
そのときの男の気持ちってどんなんだったんだろうって思ったらやばいですね

握手会に行っていたアイドルの女の子と家でデートができて
しかもセッ〇スしたんですよね

まじで興奮したしまじ本気の武勇伝じゃないですか!

しかも今さっしーめっちゃ売れまくってるし…

自分がそのときの男の立場だったら今のさっしーの活躍をみて
なんであのままゲットできなかったんだろって後悔してそうです(^^;

話を本題に戻しますと
憧れのアイドルの女の子一色奈緒が家にきて
しかもキスをした

それ以上をしようってときにレンタル彼女の時間がおわって彼女は帰ってしまった…

それまでは彼女もなんだかその気だったのに…

舌まで絡ませて熱いキスをしたのに…

時間になったら帰ってしまうんですね(^^;

もう一回呼ぼうか

でももう一回呼んでもきてくれないかもしれないし

体に触れてはいけないっていうルールを破ったし

って考えたみたいですが

でもディープキスまでしたんですから
一瞬でも彼女もその気になったんだと思うんですよね

もう一回呼んで今までファンで握手会にも何回も行ってること

本気で好きだってこと

親に言われて彼女をつくらないと実家に帰ってこいと言われ彼女をつくるために
アイドルおたくをやめようとして彼女をつくるつもりだったこと

などを言って
できれば今までずっと本気で好きだったし
友達からでもお付き合いしてもらえませんか?

みたいなこと言ったほうがいいのでは!!!

と思いますが
この男の選んだ道は
一色奈緒を脅してヤルってこと(^^;

まじかぁ(笑)
そっちかぁ(笑)
でもそれでこそエロ漫画(笑)

憧れのアイドルを脅して服従させて
思う存分ヤリまくってちん〇ん咥えさせて〇しまくる

これは興奮しますぜ

第2話みる前に
一色奈緒とのエロいキスで抜けるわ♡


公式サイトで無料試し読みはこちら

レンタル彼女~本気セックスを覚えたら~
第1話 レンタル彼女でやってきたのは憧れのアイドル「一色奈緒」!? ネタバレ

俺には好きなアイドルが居た。

初めてそのアイドルを知った時
体に電流が走ったのを覚えている。

それからは
彼女の情報を応用になり

俺はライブにも通うくらい
入れ込んでいた

もしかしたら
ある日突然彼女が
目の前に現れて

「あなたの応援のおかげで
わたしは頑張れてたの♡」
なんて言われて
お付き合いに発展するかも?

そんな邪な夢を抱いて
2年が経過していた。

しかし現実は無常だ

実際握手会で
本人を目前にしたところで
せいぜい3秒程度の
世界である
彼女と付き合うまでに
あと何回その3秒を
繰り返せば
親しくなれるのか…

いや俺は本当は
気づいていたんだ…

ただ気づきたくなかった
だけなのだ。

そんな折アイドルに夢中で
ろくに彼女も作ってこなかった俺に
とうとう実家から
最終勧告が来たのである。

あとひと月で
彼女を作らないと
実家に帰ることになってしまう。

田舎に帰る気など
サラサラ無い俺は
彼女を作ることに専念すべく
最後のライブを楽しんでいた。

そのアイドルの名前は

一色奈緒

もう大好きなこの子に
会うこともないだろう
そう思っていたんだ

この時まで…

chapter.1
約束された日

いきなり彼女を作ろうと思っても
まともな恋愛をしてこなかった俺には
ハードルが高すぎるんだよなぁ…

手始めにレンタル彼女
とやらを使って
雰囲気に慣れる事から始めようと思う

お金を払ってデートだなんて
やぶさかではあるが

俺みたいな恋愛新兵は訓練を
しなければいけないのが現実だ…

女ハートマン軍曹みたいな
女性が出てこないことを祈ろう。

パソコンでレンタル彼女を検索している

早速、検索したサイトで
登録してみることにした。

あまり可愛い子に来られても
ドキドキするだけだし

まだ画像を登録していない
新人のこの子を選択してみよう…

ポチ

サイトには出会う為のメッセージが出ている

①彼女を選んだら実際に
メッセージを送ってみましょう!
(待ち合わせ場所を
決めるまでの会話から
デートは始まっています!)

…なるほど。

はじめまして!
彼氏に登録したものです!
既読

はじめまして(絵文字)
よろしくね!!!
あと彼氏なんだから
敬語はなしで(絵文字)

了解!
デートプランなんだけど
どこへ行けばいいか
分からなくて…
既読
一緒に決めてもらって
いいかな?
既読

いいよー(絵文字)
一緒に決めなきゃ
デートじゃないもんね(絵文字)

ちなみに趣味とかって
あるの?(絵文字)

(う~ん、アイドルと
言いたい所だが
今は我慢している身でも
あるし……
ここはなんて言おうか…)

(アイドルだぜ!
アニメ鑑賞
やっぱオ〇ニーかなw
の3つで迷う)

やっぱオナn…
アニメ鑑賞かなww
既読

ほんと!?
実はアタシも
けっこうアニメが
好きで(絵文字)
見てるんだよね(絵文字)

それマジ!?なら今期の
「ゾンビマスター性」
とか見てる!?
既読

もちろん見てるよw(絵文字)
ご当地
アイドル達が
ジョッキー目指すやつでしょ(絵文字)

それから俺たちは時間を忘れ
アニメの話をしていた
人とこんなにも
アニメを語ったのは
いつ以来だろう…
なによりお互いに好きな
アニメ作品が多かったので
その距離は一瞬で近づいた
そんな二人のデートプランが
自宅でのアニメ鑑賞会になるのは
もはや必然的だったんだ

じゃあ待ち合わせは
12時に〇〇駅の横の
カフェで!
既読

わかった!!!(絵文字)
帰りにアニマイト
寄ってから(絵文字)
そっちの家で
鑑賞会する感じね!!!

かしこまり!
それじゃあまた明日!
おやすみー!!!
既読

おやすみ~~(絵文字)

chapter.2
一色奈緒

翌日…

今日は俺が
アイドル離れをする
記念すべき一日!
なんとか女の子と
仲良くなって
彼女を作ってやるッ
なんなら
可愛い彼女と…
ぐへへw
おっと
そろそろ
待ち合わせの時間だ

待ち合わせには女の人がいる

女の子はドキドキしている感じ

着いたが…どこら辺に居るn
ってあれぇ…
あの人「一色奈緒」に似てるな
まさかこんな所に居る訳ないか
あんな人が今日の相手だったら…
ってそんな訳ないッ
夢を見るな!
さっさと軍曹を探せ!

ジ~と女の子はこっちをみている

あれ……こっち見てる?
熱い視線を感じる…
瞳に吸い込まれそうだ

スタスタスタとこっちに歩いてきている

おい、こっちに来たぞ

え…なんか言ってる!

俺か!
俺なのか!?


あの~今日約束を
されていた方ですよね?
はじめまして
私、一色奈緒って言います。

あ、そうです。
こちらこそ
よろしくお願いします。

(え…一色…
いま一色って…言わなかった?)

ニコニコとしている女の子

それじゃあ
行きましょうか。

ええ…えぇ…
行きましょう…
一色奈緒さん?

はい。
あと今日は奈緒で
いいですよ
一応、私たち恋人なんだし

私たち恋人なんだし
私たち恋人なんだし
私たち恋人なんだし
私たち恋人なんだし←エコー

ああ…
セックスしてぇ。

こうして俺は憧れだったアイドル
一色奈緒を引き連れ
予定通りアニメショップを巡った後に
しっぽりと俺の家で
アニメ鑑賞会を始めたのであるッ

ええい!
アイドル離れなんざ撤回だ!
俺はこのチャンスを活かす!
そしてあわよくば……
エッチがしたいッ

ザシューッ
バンバン!!

これからも俺たちの道は
続いてゆく…
♪~~~~~~~(歌)

ニコニコとしてる一色奈緒

ホッ

すごく面白かった…
私、何度も見てるのに
感動しちゃった
誰かと一緒に見るのも
悪くないね!
そうだ!!
さっき劇場版も
買っておいたから
一緒にどうかな?

彼女の笑顔をみてゴクリと唾を飲む

か、かわいい!
いい匂いが
部屋中に充満して
さっきから
勃〇しっぱなしだッ!
おかげで内容が
全く入ってこなかった
と、とりあえず
このままアニメを視聴して
勃〇が収まるのを待とう…

そこで俺は重大な事実に
気がついたのである。

これから観る激情版アニメは
原作者がエロマンガ出身
というのもあり
とても塗れ場が多い
R15指定の作品なのである…
これでは男女二人で
AVを観るようなもんじゃないか!

やっべぇぇぇぇ!

パンッ♡
パンッ♡
ちゅぱ♡
ちゅぱ♡

あたしも好き!愛してるよ!
パンパン(ぶつかる音)
気持ちいい!ちゅぱ(唾液音)

ほら見ろ言わんこっちゃないッ!
そうこう言っている間に
濡れ場のシーンが
始まってしまった!
しかも大音量サービス付き!

まるで部屋の空気が
「ラブホに来たカップル」みたいに
なっている!
(ラブホ行ったことないけどさッ)
これは気まずい!
きっと奈緒ちゃんだって
気まずいに決まっている!
そうだろ!?
奈緒ちゃん!!?

奈緒ちゃんの方をみると
奈緒ちゃんはドクンドクンと興奮した感じでこっちをみている

ゴクと唾液を飲み込んだ奈緒ちゃん

おや…?
奈緒ちゃん?
もしかして
満更でもない?

密室で男女二人塗れば鑑賞…
何も起こらない訳もなく

奈緒ちゃんは目を閉じてフッと唇を少し出す

この流れ…感じる
今までにない何か熱いものを
風邪…なんだろう吹いてきてる
確実に、着実に、俺の方へ…ッ
中途半端はやめよう
最後までやってやろうじゃん
今こそキスの時!
行け!俺!

ドキドキしながら
奈緒ちゃんにキスをした

ちゅ♡

やったーーーーッ!!!
ついにキスまで持ち込めたぞ!
これが奈緒ちゃんの唇!
夢にまでみた唇だッ
くぅ~~~勃〇が止まらん!
キスってこんなに
柔らかくて気持ちいいんだッ
それに
なんか凄くいい匂いがする!!

ちゅぱ♡
ちゅぱ♡
ちゅ~♡
あ~ん♡
ちゅ♡

もっと感じたい
舌を入れて唾液を飲みたい…
こういう時は舌先で歯茎を
マッサージして
解きほぐすって
本に書いてあったな
んんっ…
奈緒ちゃん舌を出してくれ…

舌を絡ませる二人

れろぉ♡
はぁ♡
はぁ♡
べろぉ♡
くちゅ♡
グアッ
はぁ♡
ふぅ♡
れろ~♡

あぁ……奈緒ちゃんの
舌が入ってきたぁ
奈緒ちゃんの舌が
俺の舌にレロレロ絡んでる…
お互いの舌を絡めて
混ざった唾液を飲む……
射〇しそう!
夢中になりすぎて
息をするタイミングが分からん…
く、苦しくなってきた…ぐぬぬ
でも舐め…

ぷはぁ!…はぁ…はぁ…苦しい!

舌と舌が唾液で繋がっている

一分くらい息を忘れて
舐めあってしまった…

射〇したんじゃないかってくらい
パンツの中がビシャビシャだ…

まだ口の中に
奈緒ちゃんの唾液が残ってる…

あ~♡

はっ♡
はぁ♡
ドクン
ビクッ

奈緒ちゃんの口から
俺の唾液が糸を引いてる…
えっろぉ…

何人がこんな妄想してきたんだろう…
それが目の前にあるだなんて…
あぁ…幸せすぎて射〇しそう…

どうせなら入れたい…
奈緒ちゃんの中に…
入れたい…
このまま押し倒そう…ッ

ごめん奈緒ちゃん
俺……もうッ

ピピピッ
ピピピピピッ
ピピ

え!?
なにこのアラーム!!

はあ♡
ご、ごめんなさい
もう時間切れみたい。
はぁ♡

え。あ。あぁ……

もう料金は貰ってるから
今日は帰るね!
ご、ご利用
ありがとうございました!

そう言うと彼女は
慌てて荷物をまとめて出ていった…

あれから一時間経った。
俺は泣きながらエロ本で
自分の息子を慰めていた…
こんなのって有りかよ…
もう少しでッあと少しで
セックスできたのに…
チ〇ポは臨戦態勢だったのにィ!
もう一度頼むか!?
いや…仮にもう一度会っても
同じ雰囲気になるとは思えない
「触れてはいけない」という
ルールを破ったんだ…
脅しでもない限り
向こうだって
会ってくれないだろうよ…

脅す…

……そうか。その手があったか!
俺はエロ本に感謝しつつ
スマホを手にとった。

スッ…

見てろよ見てろよ~

つづく!!

奈緒ちゃんとのキスシーンやっべ!
まじ抜けます!!!

第2話の展開もやっべぇぞ!!!

画像クリックで公式サイトで無料試し読みが出来ます!!!

憧れのアイドル一色奈緒のディープキスをみるんだ!!!


公式サイトで無料試し読みはこちら