コースケおすすめのエロ漫画

無視せざるを得ぬ町…っ! 第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その1 ネタバレ



公式サイトで無料試し読みはこちら

こんばんは♪
エロ漫画大好きコースケです(`・ω・´)

今日は2019年の上半期(1月から6月)の間に一番売れたエロ漫画のネタバレ感想記事を書きます(`・ω・´)

今回は数あるコミックサイトの中でも一番エロ漫画の配信数が多いBookLive!コミック(ブッコミ)の上半期の売り上げ1位のエロ漫画

無視せざるを得ぬ町…っ!

の紹介をします♡

無視せざるを得ぬ町…っ!は作者がまろん☆まろん先生という女性の作家さんです

女性目線ならではの女性キャラクターの微妙な心理描写が私は好きです♡

女性の身体や心理がリアルに描かれているのでよりいっそうリアリティがあり
男性作家さんにはない目線からの切り口で引き込まれます

そしてリアルな女性はエロい♡
それを確信させてくれるまろん☆まろん先生の作品の数々

無視せざるを得ぬ町…っ!は設定の良さや登場キャラクターもたっていて
人気ランキングの上位にずっと居続けている作品でもあります

エロ漫画好きなら絶対読むべきだし
エロ漫画デビューの方にも超絶おすすめな作品ですよ♡

第1話からクラスのマドンナが教室で身体を弄られまくるエロい描写が多いですので
試しに第1話だけでも読んでみることをおすすめします♪

画像クリックで無料試し読みも出来ますのでちょっと絵のタッチだけでも見たいと言う方はどうぞ♪



公式サイトで無料試し読みはこちら

無視せざるを得ぬ町…っ!
第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その1 感想

無視される辛い状況ですが
クラスの女の子のおっぱいを自由に揉める状況は羨ましいです♡

どれだけ揉んでもどれだけ手ま〇してもみんな反応できない状況

みんなのアイドルの女の子にもやりたい放題

これは自分の学生時代のクラスで想像すると興奮しますね♡

第1話ではクラスの女子の女の子のおっぱいを片っ端から揉んで
みんな好きな河本真由子という可愛い女子にターゲットを絞って
乳首弄り、手ま〇でイカせました♡

第2話は河本が国語の音読の順番なので音読中にハメちゃったりするんでしょうか♡

これは期待大です(`・ω・´)

音読しないといけないのに…

気持ちよくて喘ぎ声が混じっちゃう♡
っていう状況でしょうかね♡

クラスのみんなは河本のことを想像して家でオナニーしてるのに
目の前で…すぐ近くで…河本がハメられている…

このときの男子の気持ちは想像に耐えがたいですね…

でも普通なら絶対に聞く事の出来ない大好きな河本の喘ぎ声が聞けるっていう意味じゃ
全力で喘ぎ声を記憶して夜のオカズにする男子もいそうでうね(^^;

まろん☆まろんさんの絵は臨場感たっぷりで
河本真由子のエロい身体や恥ずかしいんだけど気持ちいいという微妙な表情までしっかり
描かれていて抜けます(`・ω・´)

エロ漫画見てるなら
エロ漫画で抜きたいならとりあえずは一番売れてるエロ漫画を見てみましょう♪

画像クリックで無料試し読みが出来ますよ♡



公式サイトで無料試し読みはこちら

無視せざるを得ぬ町…っ!
第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その1 あらすじ

いや…
なかなかすごい設定とストーリーです

さすが2019年上半期の一番売れているエロ漫画だけはあります

設定がほんとに小さな町でみんなが家族のような町

子供の頃からの街で育った男は父親の転勤でその町から離れていたが
戻ってくることになった

大歓迎で出迎えてくれた町のみんなだったが

ある日を境に完全に町全体から無視されるようになった

何があったのかわからない男ははじめ誰にも相談できずに悩んでいたが
ある日母親に相談すると同じように母親も町のみんなから無視されていることが
わかった…

どうやら町の決まりで男の家族は村八分のような状態になったらしい…

小さい頃から一緒に育ってきた仲間に完全に無視される男は複雑な思いを抱え
ある抵抗の手段をとった

それは学校の授業中に教室に入っていき女子生徒のおっぱいを揉んでいくというものだ

順番に女子生徒のおっぱいを揉んでいく男

教室のみんなは内心驚きを隠せないが無視をしないといけないので反応するわけにはいかない

みんなが反応できないのは男の思惑通りだった

そしてクラスのマドンナ的な存在で
男の大半が好きな女の子河本真由子のおっぱいを揉む男
巨乳でもある河本のおっぱいの揉み心地は抜群でちょっと揉んで素通りするわけにはいかないと
河本のおっぱいをガッツリ揉み揉み

クラスの男たちの反応が変わる

河本の乳首を…そして下半身にも直接触って弄繰り回す男

はじめはショックで耐えていた河本だったがだんだんと気持ちよくなってきて
静まり返る教室に河本の喘ぎ声が響く

しばらくして河本は明らかにイったような反応をした…!!!



公式サイトで無料試し読みはこちら

無視せざるを得ぬ町…っ!
第一章 真由子~揉まざるを得ぬ胸~その1 ネタバレ

プロローグ

ここは〇〇町
都心から電車で五時間
まるで隔離されたかのような
場所にある小さな町だ

親の都合で
一旦は引っ越すことに
なってしまったが

数年ぶりにまたこの町に
帰ってくることができた

嬉しかった

俺はこの町が好きだ

みんな暖かで
ひとつの家族のような町だった

あれ? 俺の机がねぇ

それは
この町にもどって数日後
突然始まった

なぁ 俺の
知らねぇ?
(話しかけてもスッと無視される)

なぁ
俺の机って…
(話しかけてもフイッと違う方向の相手にあっそういえばさ~とすかされる)

…………
……

俺が帰ってきた事を
喜び歓迎してくれていた友が
町の人たちが…

目を合わせてくれない
口を聞いてくれない

この事を
心配症の母には
中々言い出せず…
この状態のまま
日々を過ごしていた

が……

どうしても耐え切れず…
ある夜 吐露してしまった

その時

(キッチンの窓から何かが投げ込まれた)

な…
何だ…?
何か…
書いてある…

(紙にお前は無視をされている)

と書いてある

町の決定事項により
お前をこの町から
追い出す事となった。
この町の人間はもう誰も
お前と意思疎通をとる事はない。
この町にはお前の
存在する場所はない。
早くこの町からでていけ!

な……んだこれ……

母さん
これって…

(母さんは顔を手で覆って泣いている)

そのとき初めて知った

母もまた 俺と同じように
皆に無視されていたのだ

第一章 真由子

学校の昼休みの風景

こ…この時…
この時 私は思ったのだ…
(河本真由子は顔を赤くしながら音読している)

あれ?
河本?

ひゃっ?
(音読の練習中に声をかけられびくっとする真由子)

わりぃ
びびらせて…
(真由子がびっくりして落とした音読の髪を皆で拾う)

ううん
ご…ごめんね
拾わせちゃって…

これ音読
プリント?

う…うん…

今日の授業の音読…
私の番で……
私 緊張して
上手く読めないとき
多いから……

アハハ
ハハハッ


音読の練習して
たんか?
緊張せんで
ええやろ~
チビの時からずっと
同じメンバーばっかの
クラスで

河本
はい
(拾った音読の紙を河本に渡す男子)


ありがと…

(渡すときに手がちょんって触れて男子はびくってなる
それでまた髪を落とす
それをまたみんなで拾う)

桑原~
何やってん
だよ~
何回拾わすんや~


わり…

~~~~~~
どきどきしている桑原

(…………手…
ちょっとだけ
触れた……)

(俺も…)

別の男子も真由子の手に触れたようでどきどきしている


あのさ
河本の声って
小さいけどなんか
よく通るからさ…
音読大丈夫…だよ
(顔を赤くして言う男子)

(俺たちも)

あ…
ありがとう…
(顔を赤くしてお礼を言う真由子)

(チビの時からずっと一緒なのに…
ずっと河本に
ドキドキしちまってる……)

キーンコーンカーンコーンとチャイムの音

ではここまでを
ノートに書き写して
ください……
(授業をしている先生はかなりの巨乳)

真面目にかりかりと書き写す生徒たち

そのとき…
ガラガラっと教室のドアが開く

ドアを開けたのは無視されている男

ズカズカと教室に入ってくる

教室全体がシーンとなって何とも言えない空気

(あ…あいつだ…)
(ま…まだ
この町にいたのか…)
(嘘だろ…
学校にこなくなって
しばらく経ってるから
てっきりもう…)
(今更
なにしにきた…?
なんでジッと立って
いるんだ…?)
(恨んでるのか?
怒鳴り込みにきたのか?)
(仕方ないだろ
俺らだって本当はこんな
村八分みたいなこと…)
(でも町の命令に従って
無視をしないと
今度は俺が…)
(俺の親が…親戚が…
この町にいられなく
なるんだ…っ)
(今までだって
そうやって何人も…)
(もうお前がいた頃の
町とはちがうんだ…)
(頼むから
はやくでていってくれ…)

そんなみんなの想いが交錯する中
教室の前でニヤァと笑う男

!?
!?

教室全体がぞわっとする

!?

ズカズカと歩き始めた男

そして男は一番前の席の女子の胸をいきなり揉んだ

ムギュ

!?

おお でかいなぁ
黒瀬のおっぱい
ガキの頃ふざけて触った時は
ペッタンコだったのになぁ
すごい成長率じゃないか

(え…おっぱ……?)
(おっぱいを揉んでいることに驚く男子生徒)
(おっぱいって……)

ひぃ…あっ……!
…………
(おっぱいを揉まれて声が出る黒瀬さん)

もみもみ
おーおー
すっかり女の身体に育って
黒瀬のおっぱい
揉み込むと
ふにふに柔らかくて
気持ちいいぞぉ

………っ
(身体がびくっとなる黒瀬さん)

(まさか
おっぱい…?
もんでる…?)
(動揺する男子生徒)
(く…
黒瀬のおっぱいを
もんでるのか…?
う…
嘘だろ……
でも黒瀬の身体…
ビクって……)

…………

さらに斜め後ろの女子生徒のおっぱいを揉みだす男

うん
こっちは黒瀬のと
感触ちがう

…………

柴田のおっぱいのが
弾力ある感じだなぁ

これはこれで
低反発枕みたいで
触り心地がいいぞ

感触に個人差あるの
おもしれぇ

さ~次の女子のオッパイは
どんなおっぱいなんかな~

(な…なんだこれ…
次々と…
まさかクラスの女子全員の
おっぱいを揉んで歩く
つもりなのか…?)

教室の後ろまでいって隣の列の後ろから前に歩いてくる男

(…っ
こっちの列に
折り返してきた…っ)

(やっ
やめろ…っ
くるな…っ)
(こっちの列には
あいつが……)

(河本真由子が…っ)

真由子のおっぱいをむぎゅぅぅっと揉む男

…………っ
(真由子はおっぱいを揉まれ身体がビクンとなる)

むにゅむにゅむにゅとおっぱいを揉む男

おーなんだこれ
すげぇ肉感
掴み心地が今までの
パイと全然ちがうわ
「河本真由子」お前かぁ
お前のおっぱいかぁ

あ…あ……っ
ひ…
ん…

これは適当な流し揉みでは
立ち去れないでかさだわ
成長しすぎだろー
河本真由子
何カップ?
何cmあんのこれ

(あの野郎…っ
か…河本…っ
助けに…)
(男子生徒は好きな河本のおっぱいを揉まれだまってはいられない様子)

答えないよなぁ
無視しないといけないん
だもんなぁ 俺のこと

………

いないものとして
扱わないといけない
だもんなぁ
チビの時からよく遊んだ
仲なのにつれないよなぁ

………
………
(ジュぎゅうをしている先生も黒板に書いている手がとまっている)

まぁ
どうしてかは知らないけど
町の決定なんだろ?
ちゃんと言う事きかないと
大変な事になるよなぁ

………
………
(河本を助けようとしていた男も何も言えない状態)

………

さらに河本のおっぱいを揉みしだく男

う…うう……
(お…怒ってる…よね…?
…でも私…どうしようも
なくて……
が…我慢しなきゃ……
少ししたらきっと気が済んで
やめてくれるはず…)

プチッと真由子の服のボタンをはずす男

え……?

さらにプチッと下のボタンもはずしていく男

え……?

え……?

ブラジャーのタグって
サイズが書いてるよなぁ
答えてくれない
だろうから
自分で確かめるかぁ

ブラジャーをはずされ真由子のおっぱいが丸出しになった

(…………っ)

え~と
92~98センチ
までのHカップ用?
でっかっ!

(あ……)

しん…
と静まり返る教室

みんな何か言いたいけど何も言えない状態

(あ…ぁ…)
(お……
おっぱいだしてる…?
みんな服を着てる
のに…私だけが…
裸になって……
私だけが
おっぱいを……)

はぁっ…
はっ…
と呼吸が浅くなる真由子

どうした?真由子
呼吸が浅くなってるぞ
発育が良い事は
恥ずかしがる様な
事じゃないぞ?

…………っ

そういや真由子って
小学生の時から発育
いいほうだったよな
胸のふくらみ
はじめも
一番早く初潮
きてたのもお前だっけ
4年生の頃?

(い…
いや……)

そういうの男子の間で
うわさになってたんだぞ

(もうやめ……)

はじめてのオ〇ニーも
真由子でしたって奴が
多くて

(いやぁぁ…)
顔が真っ赤になって汗と涙がじわぁと出てくる真由子

さらにおっぱいを揉まれ感じる真由子
んっ~っ

まぁこんな身体じゃ
今でも散々おかずに
使われてんだろうけどな
あ~やっぱ生の
揉み心地はちがうなぁ
肌の質感や熱が
ダイレクトに指に
伝わってくる
乳首のコリコリ
指に当たるし
やっぱここが
一番感じんの?

スリスリと乳首を指で撫でる男

真由子は身体がぞくぞくしている

あっ…

ん?

んっ…♡

~っ

う~ん
触りにくいから
座るか

ひ…ッ

(うそ……
うそ…まだ
続けて…)

おっイイ感じ♪

くりくりと乳首を弄る男

あっ!
あッ
んッ♡

ま〇こもいじりやすい
真由子のク〇 この辺か?

(パンツの上からクリを弄る)

んぅ~ッ!?

右手で乳首左手でクリを弄る

んッ!
ふ…っ
んっ♡
(顔を真っ赤にして身体がビクビクとしている真由子)

しん…
として教室に真由子の喘ぎ声だけが響く

んっ♡
んん♡
んうッ

んッ!
ふ…っ
んっ♡

真由子 声だせなくて
可哀そうだな
無視って
大変だなぁ
周りの奴も
本当は真由子のエロイ姿
かぶりついてみたい
だろうに

~ッ♡
はんッ♡

それができないから
必死に聞き耳
立ててんだろ?
真由子の吐息ひとつ
聞き逃さないように
全神経集中させてさ

はッ…♡
あッ♡
あ…!

ま〇こを弄られてクチュクチュとなっている

(いやぁ…
みんなのエッチな
声を聞かれる
なんて……)

はぁ…♡
はぁ♡
はッ♡

乳首をくにくにと弄られる

(お…
おねがい…っ私の敏感なところもう
触らないでぇ……
やめてほしいのに
やめてと拒絶する事も
懇願することもできないなんて…)

あぁ…あッ♡
んぅッ♡
ふ♡
んぅッ♡
んッ♡
んんッ♡

(だめぇ……っ
声我慢しても
漏れてきちゃう…っ)

はぁっ♡
あッ
はぁっ♡
はッ♡
はあッ♡
はぁ♡
んぁッ…♡
ふッ♡

(おねがい……っ
みんな…聞かない
でぇ……)

静かな教室に響く
くちゅくちゅと
粘液をかき回す
湿った音……
いつもより一段高く甘く
聞こえる河本の声……

(か…
河本の声が……)

あぁ…あッ♡
んぅッ♡

(小さくても良く通る
あの河本の声が……
だんだんと…
蕩けていくのが
わかる……)

はッ♡
あぅッ…♡
あッ♡
あッ

(ああぁ…だめぇっ
気持ちイイのきちゃう…っ)

~ッッ
んぁッ…♡

(気持ちイイのがぁ…っ)

んん~ッ♡
んんッ♡!!

(ダメぇっいやっ止められな…っ
…きちゃ…っきちゃう…っ
止められないぃ…っ)

真由子の中すげぇエロ…っ
熱くてとろけてて
奥から蜜があふれ出てくる
指もぎゅうぎゅうに
締め付けてきて…
これってもうー…

いやぁぁ…っ
きちゃぁあぁ………っ
ん~…

ん”~ッ♡

体がビクビクしまくっている真由子

~っ♡♡♡

はぁっ
はぁっ
はぁっ
はぁっ

体はびくんびくんとしている

静まり返る教室

(イった……

河本が
乳首しごかれて…
手ま〇されて……

あの大人しくて
清楚な河本が……)

教師は黒板の方を向かって身体がプルプル震えている

コホン……
そ…それでは…その…
お…音読をして
もらいましょうか……
今日の音読の順番の人は
起立して………あっ!…

(きょ…今日の
音読の順番って…)

涙を流しながらイったあとの河本

…………
……はぃ…

………
フラ…と立ちあがるが上半身は机に肘をついたまま
お尻だけ椅子から上げる

丸出しのパンツからは体液がポタポタと垂れている

…「ほ…

………

…「ほうとする程
長い白浜の先は……

つづく…っ!



公式サイトで無料試し読みはこちら