秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-

秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…- 潔癖症の魔乳人妻(前編)ネタバレ


公式サイトで無料試し読みはこちら

どうも♪
貴雄ですです♪

今日はとびっきりの人妻を自由に弄べるような感覚にさせてくれるエロ漫画を紹介します♪

催眠…
それはときに驚くほどの効果を発揮し
かける側のことをかけられた方は完全に信じ込んだりしてしまうこともある

その効果を使って自分の気に入った女性を〇しに〇して〇しまくるセラピストがいるとのこと…

質の悪い事にそのセラピストは業界では有名でカリスマ的な人気を誇るセラピストだ

そのセラピストが出した本は爆発的大ヒットとなりマスコミも煽り人気をとどまることを知らない

その情報を見て様々な悩みを持つものがその先生を頼ってくる

今回の潔癖症に悩む人妻もその一人である

その人妻は結婚当初は普通に旦那とセッ〇スが出来ていたが年々潔癖症が酷くなってきてここ2年程
セッ〇スレスになっているという

カリスマセラピストの駒司はその人妻がカウンセリングルームに入ってきた時から股間が疼いている

顔の美人なこともあるがスタイルは抜群で胸もでかい…

こんな極上のエロボディを目の前にして2年もおあずけを食らっている旦那に同情をすると同時に
すぐにでも催眠をかけて美味しくいただこうと考えた

駒司の催眠の腕は本物で人妻はあっという間に駒司の催眠にかかってしまい
駒司に触られることに抵抗するどころか触られることが気持ちいいと感じで
いく。

旦那に身体を触られるのが嫌だったのに禿散らかしたじじいの駒司には身体をあっという間に許してしまうのだ…

人妻も自らの潔癖症でたまりにたまった性欲を駒司に爆発させる


公式サイトで無料試し読みはこちら

秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…-
潔癖症の魔乳人妻(前編)ネタバレ

カルテNO.1
~潔癖症の魔乳人妻~

2年前に
結婚されたが、
ずっと性行為を
されてないと…

キスも
出来ないんですか?
それは困りましたねぇ

駒司太郎はカルテにメモをしながら
診察チェアに横になる若い人妻の
体を舐めまわすように視姦した。

もったいない話だ…
宝の持ち腐れだよ

喋るたびに僅かに揺れる
豊満な乳肉…
くびれた腰…
チェアに沈み込む尻…
そしてミニスカートから伸びる
生足…

駒司は生唾を飲み込んだ。
思わず口元が緩んでくる…。

このままだと
主人に愛想を
尽かされて
しまうのでは
ないかと…

人妻のセリカはすがる様に
駒司を見て訴えた。
駒司はすぐさま視線を戻した。

結婚する前は
まだなんとか……
出来ていたん
ですけど
年々酷く
なってしまって…

セリカはため息をつき
表情を曇らせた。

旦那さんも
若いですから
辛いでしょうねぇ…
お子さんも
そろそろ欲しい
でしょうし

ええ…子供は
私も欲しいと
思ってるんです…

心配しなくても
すぐ孕ませてやるよ…

駒司は歪んだ
笑みを浮かべた………。

大丈夫、心配
いりませんよ。
すぐ治して
みせますから

ほ…
本当ですか?

ええ、以前にも
重度の潔癖症の方が
来られましてね
帰る頃には
すっかり治って
ましたよ

その女もかなりの
上玉でね…
催眠かけて
散々ヤリまくって
チ〇ポ大好き女に
してやったんですよ…

ぐふふ…

治療には
信頼関係が
重要です
強い催眠をかけないと
あなたの潔癖症は
治りませんからね…

大丈夫です。
私は先生を
信頼してます
先生のお力は
よく存じて
おりますから

この女も
あの本を読んで
きたクチか…
駒司はほくそ笑んだ。
女は自分を信用しきっている…。

それではさっそく
治療を始めましょうか
さぁ目を閉じて
楽にしてください…

女は言われるままに
目を閉じた……。

駒司太郎は天才セラピストである。
長年多くの患者を救ってきた実績と
その能力は他の追随を許さない。
マスコミにも取り上げられ、
自書は大ヒットし名声を得た
駒司のもとには全国から
多くの患者が押し寄せる。

巷では「癒しの神」と
崇められその人気は絶大である。

ーだが、その神には
裏の顔があった……。

自分好みの患者の女を
催眠で操り陵辱の限りを尽くす
「極悪非道の変態オヤジ」
…それが駒司の真の姿である。

今まで犯した女と
認知していない隠し子は
数知れない……。

ー駒司の巧みな催眠誘導により、
女は深い催眠状態に入った。
もはや女の自我は制限され、
記憶や行動も駒司の言葉により
いとも容易く操作されてしまう。

さぁ、玩具の
完成だ…

女が診療室に入ってきた時から、
駒司の股間は疼きっぱなしだ。
もう息子は先っぽから涎を垂らし
出番を待望している。

旦那ですら2年も味わっていない
このエロボディを味わえるの
だから、興奮はいやが上にも
高まってくる…。

女は全身の力を抜き、寝息のように
スースーと深い呼吸を続けている。
その度に二つの丸い乳房が緩やかに
上下する…。
催眠状態といっても突然
襲い掛かってしまっては、
催眠は解けてしまう。
駒司は湧き上がる情欲を抑えつつ、
女の雌本能を呼び起こす工程に
入った…。

あなたは男に
触られるのが
大好きだ…

駒司は女の後ろにそっと近づくと
おもむろに乳房をわす掴んだ。

…おぉ、これは
すごい…ヒヒヒ

手に収まりきらないそのでかい
エロ乳は、ブラの上からとはいえ
驚くほど柔らかく且つほどよい
弾力があり、
男の理性を容易く瓦解させる破壊力
があった。

女の甘い体臭と香水の
香りが鼻腔をくすぐる…。

思わず乳肉を揉む手に力が入る。
女はわずかに体をピクンッと
震わせた。

やらしい
オッパイだねぇ
奥さん…♪

駒司はかまわず催眠誘導を続けた。

ほら、奥さんは
触られるたびに
エッチな気分になるよ
体中を弄り
回されたくて
たまらなくなってきた
でしょう…?

丸い乳肉は駒司の手に合わせて
ムニュムニュ形を変える。

ん…ぁん…♪

旦那以外の男に胸を
まさぐられているにもかかわらず、
セリカは抵抗を見せるどころか
徐々に感じ始めていた…。
もはや人妻の貞操観念は消失して
しまっている。

駒司の手が女の下半身に滑り込み
人妻の秘部に辿り着く。

クリクニとま〇こを弄る駒司

はぁっ…あぁ♪

女は腰を跳ねるように弾ませ、
同時にむき出しにされたエロ乳が
別の生き物のようにタプタプと
揺れる…。

こんなエロい体
目の前にして
2年もおあずけ
食らったんじゃ
旦那も可哀相な
奴だよなぁ…
そう思うだろ
奥さん…?

あ…あんっ♪
だめぇ…♪

言葉とは裏腹に体を脱力させ、
だらしなく股を開き執拗な責めに
人妻のエロボディはなすがままに
反応し続ける…。
もはやセリカは自分が
何をしに来たかもわからなく
なっていた…。

つづく


公式サイトで無料試し読みはこちら

続きの秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…- 潔癖症の魔乳人妻(中編)の記事が読みたい方はこちら

秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…- 潔癖症の魔乳人妻(中編)