305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~ 第6話 あらすじネタバレ感想


公式サイトで無料試し読みはこちら

世の中の大半は
別の男に抱かれても
違う男と子作りしてる

何だか名言だと思えば名言な気もしてきますねこの言葉…(笑)

マリーアントワネットが言った言葉だと思えば名言に感じます(笑)

パンが無ければケーキを食べればいいじゃない

だってどうせ

世の中の大半は別の男に抱かれても
違う男と子作りしてる

みたいに結構本当のマリーアントワネットの言葉と関連性も近い感じすらします(`・ω・´)

さんまさんが依然やってた番組の恋のから騒ぎの番組冒頭の詩人の名言の中になっても違和感ないです(笑)

それにしても楓さん
管理人須郷とのセッ〇スに慣れ過ぎて
いつも旦那としているセッ〇スとは全然違う感じになってるようで
大丈夫かしら(^^;

自分から旦那の上にいきなりのってチ〇ポ掴んでま〇こに入れようとするとか…
エロいですけどいきなりそんなこと今までしてなかったのにしだしたら旦那さんはびっくりしますよね(^^;

で、管理人須郷の巨根になれたから
旦那のちん〇んじゃ入ってる感覚がなくなってる始末…

で簡単にイカれてビックリの楓さん…

中に出されても須郷みたいに大量に出ないから
中で出された感覚もない…

はっきり言って旦那のセッ〇スではもう全然感じなくなってしまっている楓さん…

旦那的には2回もやって大満足でかなり激しいセッ〇スだったと感じているようですが
須郷のセッ〇スが基準になってしまっている楓にはもはやヤッテないのと同じくらいのレベル…

これはもう須郷のちん〇んなしじゃいられない身体になってしまってるみたいですね(^^;

極太ちん〇を入れてもらって
中に出してってお願いして
ド変態な顔でちん〇を入れながら腰を振ってる楓さんの
エロい姿を見たい方は画像クリックで無料試し読みからでもどうぞ♪


公式サイトで無料試し読みはこちら

1つ前の第5話の記事を読みたい方はこちら

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~ 第5話 あらすじネタバレ感想

305号室のオンナ~ようこそ、極太チ○ポに孕まされる運命の部屋へ~
第6話 巨根を覚えたアソコは夫のじゃ満足できなくて… ネタバレ

度重なる中〇しに
生理の周期がずれた

妊娠の恐れが
じわじわと
這い寄ってきている
確たる証拠だ

デキちゃったかも
しれない不安が
込み上げる

こうなったら
もう誤魔化しが
通じない

それなら
証拠隠滅しか
私には残されて
いない

私は子育て本を
テーブルにおいて
妊活アピール
さらには
イチャイチャする時も
彼の股間を刺激した

優しい夫は
すぐに察して
私をベッドに
誘ってくれた

管理人さんに
汚され続けた身体だけど
世の中の大半は
別の男に抱かれても
違う男と子作りしてる

私だけが汚れている
訳じゃないよね

大丈夫 絶対に
バレないはず…

あなた…♡

生で入れるのは
緊張するね

うん 私も初めてで…
でも 赤ちゃんの
ために頑張ろうね

この格好で
大丈夫なのかい?

(楓が上にのって騎乗位の体勢で楓がちん〇んをもって入れようとしている)

顔見ながら
作りたいの…
その方が愛情
感じるでしょ?

…さ
挿れちゃうね

作ろうね
赤ちゃん

うん♡

騎乗位でジュブズブと腰を動かす楓

あぁっ 楓
気持ちいいよ…!

(あ
あれ…?
これって
入ってる…?)

好きだよ楓…っ

私も あなたしか
見えないよ…♡

(チ〇ポ ちゃんと
入ってた…
なんか 感覚
おかしいのかな?)

はぁあん!
あっ んうう!

激しいよ
楓っ!

(なんで
感じないの!?
このチ〇ポ
じゃなきゃ
だめなのに!)

あぁっ!
かっ 楓…ッ!
ストップぅ…
あああっ!

ビュルルッドクンッとおもいッきり射〇する旦那

え…?

ごめ ん…!

で 出てる…?

そんなに動いたら
子作りどころじゃ
ないよ…!

…もう一回
いい?

二回目?

(もうちょっと
ゆっくりしないと
変だって
思われちゃう)

いくね?

ああっ!
イッたばかりじゃ
きついよ…!
なんか
いつもの楓じゃ
ないみたいだっ

そんなこと
ないよっ

(ああっ だめ!
ゆっくりじゃ
物足りない!)

ひぅうううう
ううううッ!!

好きぃ!
あなた大好き
だよぉ!

(夫のチ〇ポが
一番
夫のチ〇ポが
一番…!)

僕もぉっ
ぐぁぁああっ!

あなたのチ〇ポで
イカせてぇっ!
大好きなダーリンの
チ〇ポ汁じゃなきゃ
種付けされたくない
よぉおおッ!

なんて
はしたない
ことを…!
ああああああッ!

きたぁぁああああ
あああああっ!!

楓えぇぇええッ!

全部出してぇ!
キ〇タマ空っぽに
してえぇええ!

ううっ
か 楓ぇえ…!

はぁあっ
あっ ううっ!
全部欲しいぃ!

ザー〇ン
どぴゅどぴゅ
どくどく子宮に
寄こしてよぉおお!

ああっ もう
限界だ…!

ドロ…ッと精〇を膣の中で出す旦那

ひゃっ

はぁ はぁ…
二回も出した
ことないんだよ
僕も年だし…

はへぇ…?
チ〇ポ…
縮んでる?

今日は すごい
エッチだったね…!
年甲斐もなく いっぱい
出ちゃったよ…

嬉しい…たくさん
ありがと…♡

(いっぱいって
たったこれだけ…?
私…まだ
イッてないのに…)

つづく!


公式サイトで無料試し読みはこちら