オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に…

オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に… 初咲3 ネタバレ



公式サイトで無料試し読みはこちら

会長のペースにハマって生徒会室で何度も会長とエッチなことを繰り返す梓

オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に… 初咲3では
夏休みに翔太と花火に行ったときの裏話が出てきます

まさかまさかなんですよ

あの久しぶりのデートの前後でそんなことが行われていたなんて…

翔太があまりにも不憫で…

こんな事実を知っちゃったら翔太はもう花火大会がトラウマになってしまう…

でも陰咲で花火大会のあとに会長と浴衣姿のままセッ〇スしてるのはビデオで見たんですよね…

でもそのあとも生徒会室に脚気く梓の様子を見に行き
副会長の上村の身体で慰めていたからそこまでダメージでもないのか…

翔太鋼のメンタル(笑)

まああの副会長の上村とエッチなこと出来るんですからいいですよね(笑)

私的には副会長の上村がエロすぎて好きなんで♡

この会は上村出てこないので寂しいです(笑)



公式サイトで無料試し読みはこちら

オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に…
初咲3 ダメだ私…拒めないかもしれない… 感想

あの花火大会の裏でこんなことが行われていたんですね…

まさか翔太と会う前後で会長と会っていたなんて…

ショックすぎますね(´;ω;`)

翔太からしたら本当にぐうの音も出ない感じですね…

自分が彼氏なのに…
なのに自分は間に挟んで息抜きみたいなもので…

会長とのエッチに興奮している梓がいる…

これはショックですよね…

花火大会でなんだか梓がいつもよりエロく感じたのも
久しぶりに会ったからではなく
浴衣のせいでもなく

ローターが入っていて
梓が性的に興奮してるからだったんですね…

翔太の股間が大きくなって
いきなり口で抜いてくれたのも
梓がすでにエロエロな感じになっちゃってたからというのと
この後会長とエッチする罪悪感で翔太にもせめて口で…
って感じですよね…

完全に梓は会長の性奴隷に(゚Д゚)

こんなに清純な感じで
真面目で優等生な梓なのに…

なんだかもったいない…

これじゃただのヤリまん淫乱ビッチやないかヽ(`Д´)ノプンプン

でも梓のフェラはエロいから抜ける

だからエロ漫画としては凄い優秀ですね(*´Д`)



公式サイトで無料試し読みはこちら

1つ前の初咲2に戻って読みたい方はこちら

オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に… 初咲2 ネタバレ

オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に…
初咲3 ダメだ私…拒めないかもしれない… ネタバレ

ハァ…
(今日は上村先輩と宮下先輩…
塾の夏期講習で
お休みって…
2人きりだよね
たぶん…また
私 いつもみたいに…)

おはよう…
ごさいます

おはよう
梓ちゃん

会長は先にいて
今日は2人で進められそうな作業を
さっさとやっちゃって
それからは…
何しようかね?
ね?梓ちゃん

とエッチなコトしようねと言う事を暗に言ってくる会長

梓はまた拒めないかもしれない…
と思い

案の定

簡単にブラを外され
エッチな声を出してしまう…

ブラは外したけど
制服は着たままで
梓の巨乳派制服に透けている

梓の汗と接見の匂いで
いやらしい匂いがすると会長は言う

おっぱいを揉み上げられるように揉まれる梓

会長のペースにハマったら
悔しいけど梓は抵抗出来ずに
快感にみを任せることしか
出来なくなる

梓は机の上に寝て
会長にま〇こを舐められている

梓のま〇こはいい感じで濡れてきたようだ

彼氏にも見せたことのない蕩けた顔を会長に見せる梓

それじゃあ挿れちゃうねと会長は言う

梓は申し訳なさから翔太のことを考えている

机の上で正常位をする会長

梓は気持ちよくてあんあんと声が出ている

ディープキスも気持ちいい

梓と会長の舌はぬるぬるといやらしく絡み合う

自分から舌
動かしちゃって…
キス好きなんだ?

ふぁい…

梓が濡れすぎて生徒会室はエッチな臭いで充満してる

明日2人に激しいエッチしたのバレちゃうかもねぇと会長は言う

恥ずかしい…と梓は照れる

会長は窓枠に手をつかせ
部活をしている生徒を見ながらバックで突かれる梓

部活をしているだろう翔太のことを考えて膣内がきゅんとしまる梓

そして会長は今日の1発目と言って梓の中で思いっきり出した

結局夏休み終盤も梓は
会長から逃れることは
できなかった

会長の指示に
対する抵抗も
すっかり薄れ

当たり前のもののように
思うようになっていた

翔太と花火の前日に
会長にそのことを聞かれ…

当日会長に花火大会の待ち合わせ場所に早めに呼び出され
浴衣姿を見たら興奮したと言って
口でして欲しいと言ってきた

浴衣を気にする梓にまさか口以上のことを期待してた?
と聞かれ…私…無意識に期待してたの?

と思った梓

シートをひいて
会長のモノを咥える梓

夢中に会長のちん〇んを咥えてると
その瞬間翔太のことを忘れてる自分に気づいた…

そして会長は梓のま〇こにローターをとりつけ
翔太との待ち合わせ場所に向かわせた

デートの後
またここで待ってるから
来てくれたらローターをとめてくれると言う

ローターの振動が翔太にバレないか気にはなったが
これくらいの音ならたぶん大丈夫と思い翔太との待ち合わせに向かった

翔太と会ったときも
ローターの振動で気持ち良くなってしまって
エロい顔になっている梓

翔太と会ってるときはなんとかローターが入ってること
このあと会長とエッチなことをすることを忘れ翔太とのデートに集中しようと思った

デートのとき翔太のいやらしい視線が気になって
何度もバレてるって不安になった…

そしてそんな状況に興奮ている梓がいた

そしてその興奮が会長との約束を思い出させた…

私…翔太の彼女でいていいのかなぁ…

翔太がなんて答えるかなんてわかってるのに

私最低だ…

翔太…
ありがとう
ごめんね…

翔太が好き…
私は優しい翔太が…

翔太のおおきくなった股間を見て
なんとかしてあげなきゃと思う梓

だけど梓は会長のいる場所に近づくほど興奮している…

つづく!



公式サイトで無料試し読みはこちら

続きの話のネタバレ記事を読みたい方はこちら

オキナグサ 真面目な僕の彼女が生徒会室で会長に… 初咲4 ネタバレ