僕の妻と絶倫元AV男優部長

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第5話 玄関でフ●ラしたあと自分からまたがる妻 あらすじネタバレ感想

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

こんばんは♪
コースケです

旦那が会社のリストラ対象になって
それを回避させてやるから奥さんに合わせろと
いう部長の言う通り家に部長を入れたのが悪夢のはじまりだった…

自分で断れないから妻に断ってもらおうと
何も知らない妻に託した旦那が一番悪いような気もしますが
でもここまで完璧に寝取られると可哀そうにも感じてきますね…

でもいくらなんでも部長と奥さんが一緒にいるところで酔って先に寝たのはもう完全に旦那がだらしないと言えますけどね

本当に守りたいなら会社なんてやめてバイトでも何でもして奥さんをしっかりやしなって幸せにしてあげればいいのですから

一番だらしないのはダンナだと感じてしまいます…

もちろん部下の弱みを握って奥さんでも構わず手を出す部長は悪だし節操もない

最低な奴だということは間違いないですけど…

一番の被害者は間違いなく奥さんです

でも第5話を読み進めていくとそうでもないのかな?と思ってしまいます

いや、被害っていうわけでもないのかな?って

むしろ結果オーライみたいになりそうで

惨めという意味では間違いなく旦那が一番惨めですね

まあ守れなかった自分が悪いのですから

何か前を向いていけることを考えてほしいですね

奥さんをこれ以上裏切らないように…

第4話に戻って読み直したい方はこちら

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第4話 膣奥まで生ハメされて何度もイク妻 あらすじネタバレ感想!!

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第5話 玄関でフ●ラしたあと自分からまたがる妻 ネタバレ

奥さん
まだ仕事
残ってんだろ?

ちゃんと
最後は綺麗にしないとさ

え?何を
ですか?

これだよ
口で掃除
しろよ

口でって…
舐めろって
事ですか?

(中に出した
挙句に口で
掃除なんて…
バカにしてる)

そんな事
普通するん
ですか?

当たり
めーだろ

部長は妻が
無知なのを
いい事に
適当な事を
言っていた

今日初めて
お前を女に
してやった
チ〇ポだぞ

思いだせよ
気持ち
よかったろ?

お前が射〇
させた
チ〇ポだぞ

お前の穴が
気持ちよくて
出したんだよ

妻は洗脳でも
されたみたいに
口を開けると…

しゃぶって
しまいました

中出しまでされた
のに最後にそれを
口で掃除まで
させらるなんて…

でもどこか妻は
積極的というか
最初の嫌悪してる
様子がなくなって
いました…

自分の知らない世界を
教えてくれる部長に
少し心を開き始めた
ように思えました…

情けなかった
です…

妻に部長を
押し付けて
しまったのも
そうだけど

妻の女の部分を
満足させて
無かったことが
一番不甲斐ない
と思いました

ただすぐに反省して
自分を変えようと
前向きな気持ちに
なるのは無理でした…

とにかく
一度落ち着きたい…
そして妻に謝ろう

僕は早く部長が
姿を消すのを
待っていました

ところが…

え?
ちょっと
待って!

な 何で!
もう
終りって

俺が一発で
終わるわけ
ねーだろ!

あぁん
あんっ

また悪夢の
続きが
はじまった
んです…

んはぁ
ダメぇ
イイっ
いぐぅ
あぁん
気持ち
いい

そしてついに
妻の口から
部長を認める
ような言葉が…

ダメぇ
今動いちゃ
さっき
イッたの

じゃ俺も
出すぞ!

待って!
中はダメ

うっせー

ダメぇ
私もまた
イッちゃう

さらに 二度目の
中〇しには殆ど
抵抗をしていま
せんでした…

それから4時間…

はぁあっ
きぼじいぃ

ハァハァ
また
いっちゃった

もう5回目の
中〇し…

妻はもう当たり前の
ように中に出されて
いました

それどころか
中に出される瞬間に
同時にイクように
なってしまい
まるで中毒に
なってしまった
ようでした…

僕は精神的に
限界だったので
腰をガクガク
させながら
リビングに戻ると
体を動かした
わけではないのに
とてつもない
疲労感を感じ
いつの間に
眠っていました

その日はまだ
水曜日だったので
翌日も仕事でした

部屋の明るさで
目を覚ますと
すでに朝に
なっていました

すぐに昨日の事を
思い出したので
妻を探すように
部屋を見回すと
玄関の方から
声が聴こえました

やっと今帰る
ところなのか?
と思ってそっと
玄関を覗くと

衝撃の光景が…

妻が玄関で
フ〇ラチオを
していました

奥さん
上達早いね

ビンビンに
なったし
入れるか?

舐める
だけって

俺が入れる
って言ったら
入れんの

あんっ

なんだ
濡れてん
じゃん
お前が
上に乗れよ

え?
私が?

もっと動け動け

あぁん

ぁんっ

そうそう
そのまま

また中に出すぞ!
いくぞ!
いくっ!

んはぁ
あぁん
出てる
ハァハァ
また
出てるぅ

なんだよ
これは!
今のは
逃げられるだろ!
自分から
受け止めてん
じゃないか!
てゆーか
もうシラフ
だろ!

自分を棚上げして
妻にムカついて
いました…

それから数日
部長は約束通り
リストラ候補から
僕を外してくれた
ようでした…

でも今思えば
僕が会社にいる方が
部長にもメリットが
あると思いました

さてと
飯も食って
昼寝したし
抜きたくなって
きたなー
早いけど
いいか
帰ろっ

なぜなら僕への
見せしめのように
妻は毎日

部長に
ヤラれていた

もう俺のが
すっかり
馴染んだな

違います
あぁん
いやぁ

部長はまるで
ドライブスルー
のように
僕の家に寄ると
玄関で性欲処理を
して帰っていく
らしいのです…

これだろ?

んはぁ
ダメぇ
い イイ
イッちゃう
イクイク

そして回を
重ねるごとに

もう完全に
俺の穴に
なったな!

お前は俺に
堕ちたんだよ
分かったか?

いやぁ
変な事
言わないで
下さい

嘘つけ
今マ〇汁
ドバっと
出たぞ!

妻は部長の狂った
ような性欲と
言葉に洗脳されて
いきました

俺の穴だ!
俺専用の
マ〇コ穴!
あぁ
出る!
ダメぇ
ホントに
出来ちゃい
ますぅ

つづく!

101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用

僕の妻と絶倫元AV男優部長 第5話 玄関でフ●ラしたあと自分からまたがる妻 感想

あっ
もう完全に落ちちゃいましたね…

こういうことってホントにありそうですよね

やっぱり旦那に一回もイカせてもらったことがなくて

はじめてイカせてくれる相手
しかも何回も何回も
圧倒的に快感と女としての喜びを与えてくれるわけですから
堕ちても仕方ないような気もします…

結局は部長の方が自分の体のこともわかってくれてるということですし…
だからこうならない為にも世の男性はセック〇の腕を磨かないといけないと思いますね

だって結局は男だって新婚のときからずっとフ〇ラもしてくれない
やらせてくれないとかだったらかなりの割合で浮気する人いそうじゃないですか…

快感を与えれてないということはそれと同じようなものですからね…

だからセック〇の相性って結構大事かなって思いますよね

ちゃんとお互いが満足できるように勉強していきたいですね

しかしあの清楚な奥さんがここまで乱れるなんて…

玄関先での騎乗位のときの絵面は圧巻ですね!

巨乳で美人の奥さんが上に乗ってあそこまでエロい格好になると部長もまあ何回もヤリたくなりますよね

何かでもたしかに平穏無事に過ごしてた夫婦の関係が壊れたのは悲しいですけど
一生オーガズ〇をしらないままだったかもしれない可能性を考えれば部長に体験させてもらえたというふうにもとれなくはないかもですね…

第6話のネタバレ記事を読みたい方はこちら

公式サイトで無料試し読みはこちら


101066030_BookLiveコミック【AC】僕の妻と絶倫元AV男優部長※スマホ専用