今イチオシのエロ漫画!隣のJKに脅されて入り浸られてます(泣
コースケおすすめのエロ漫画

エッチなツボに挿入ってる…!女子だけの部活でぬるぬる敏感エステ 第1話 大学生活初日なのに…ぬるぬるオイルマッサージ!? ネタバレ


公式サイトで無料試し読みはこちら
こんばんは♪
コースケです(`・ω・´)

今回紹介するエロ漫画は
ちょっとハーレムになりそうな展開が予想されるエロ漫画です

大学の入学式で幼馴染のゆあに美容部にスカウトされたが
美容部は女子だけの4人しかいない部
部員が少ないので廃部寸前らしいので
人数増やすためにあゆがスカウトされた

しかし美容部の先輩瑠夏先輩は男の入部は認めないと言う

何とかあゆを部に入れたいゆあはあゆの姉が高級エステのエステティシャンだと言うことを
説明し入部テストをしてみてはと提案する

なるほどと思った瑠夏先輩は自分が直々に入部テストの開いてになると言う

あゆは入部テストに合格し美容部員になれるのか?

入部テストのマッサージ相手の瑠夏先輩めっちゃ美人だしスタイルも抜群です(*´Д`)

とりあえず瑠夏先輩の身体観てるだけで良い感じです♪

あらすじを見ていきましょう(*´Д`)


公式サイトで無料試し読みはこちら

エッチなツボに挿入ってる…!女子だけの部活でぬるぬる敏感エステ 第1話 あらすじ

某大学の入学式

大学の園内ではサークル活動の勧誘が盛んに行われていた

いろんなサークルのビラを貰って驚いている男の子

そこに声を掛けてきたのは幼馴染のゆあ

あゆくん…
幼馴染のよしみで
お願い…

中半強引に連れていかれたのは
美容部のサークルだった

ゆあと一緒にもう一人女子のが出迎えてくれた

ゆあと友達の心音ちゃんという女の子らしい

どうやら美容サークルは今4人しか
部員がいなくて廃部寸前ということらしい…

そこで一人でも部員を増やすためにあゆが声を掛けられたということらしい

戸惑っているともう一人の女の人が現れた

瑠夏先輩だ

ゆあがあゆを瑠夏先輩に紹介するが
瑠夏先輩は男の入部あ認めないと言う

理由は男なんてしょせん入部したところで
役に立たないからだと言う

ゆあは何とかしようと頑張るが自分ではなかなか説得できそうもないので心音ちゃんに説得を
頼むが心音ちゃんも上手く説得できない

そのときあゆが美容部にあるオイルをみて
これ姉貴がもってる高級オイルじゃんと言う

そのオイルを知ってることで瑠夏先輩はあゆに少し興味がわく

そこでゆあがオイルマッサージで入部テストとかどうかな?と提案する

なにやらあゆのお姉さんは一流サロンのエステティシャンだそうだ

これを聞いた瑠夏先輩はいいわ私がテストしますと言う

よろこぶゆあだがあゆは全然乗り気ではない

個室のようにカーテンで間仕切りをしてマッサージのテストを行うらしい

オイルマッサージを受ける格好に着替えてカーテンの中に入ってきた瑠夏先輩

露出での高い服で瑠夏先輩のスタイルの良さが目立ち興奮するあゆ

まずはうつ伏せでお願いしますと指示をするあゆ

はじめてちょうだいと言ってうつ伏せで寝る瑠夏先輩

床におっぱいが圧迫されて背中の幅からおっぱいがはみだしている

と言ってもマッサージとかエロビでしか見たことがないあゆ

とりあえずオイルを背中にかける

いきなりオイルは手のひらであたためて使うのと怒られてしまった

あなた本当に知識あるの?と疑いの目を向けられている

すんませーん…とあやまって手であたためているが
内心俺は素人だっつーのと思って少しむかっときているあゆ

だいたい
アンタだって素人じゃねーか

エラソーな奴は美人でもこうだッ!!
と言っておしりをおもいっきり揉みだした

そして股間を指でいじるあゆ

瑠夏先輩は
ちょッ
どこッ…
と言って動揺しているが
気持ちよさそうだ

次は背中でーすと言いながらまだお尻を揉んでいると
瑠夏先輩は
あ…♡
と感じて喘ぎ声を出した

そして思わず
きゃあああッ!!?
と叫ぶと
となりにいるゆあたちは
どッ
どうしたッ!?
と気になっている

となりでエロいことをしてるのが気づかれるかもと思い
びくんッ
となるあゆ

つづく!


公式サイトで無料試し読みはこちら

エッチなツボに挿入ってる…!女子だけの部活でぬるぬる敏感エステ 第1話 感想

女子部員たちの中に男一人というのがいいですね♪

ほぼ男子校の中に女一人とか
ほぼ女子校の中に男一人とかってめっちゃモテそうですけど
もし入部が決まったらそんな感じになりそうですね

第2話ではこのまま瑠夏先輩とエッチして入部が決まって
女の子たちからアプローチされまくる状態になる展開が予想されますね(*´Д`)

もしこの予想通りだとしたら羨ましすぎますけどね(*´Д`)


公式サイトで無料試し読みはこちら