家出娘、夜の公園で。

家出娘、夜の公園で。 第3話 少女の初めては夜の公園で… あらすじネタバレ感想

101065460_BookLiveコミック【AC】家出娘、夜の公園で。※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

こんばんは♪

夜の公園に家出少女がいないか最近は様子を見に行きがちなコースケです♪

いやだって深夜の公園に家出中の女の子とかが一人でいたら変な人がよってきたりして怖い目に合うかもしれないじゃないですか(`・ω・´)

変な奴はお前だ!ってつっこみは置いといて

そう思ってしまってるのは他でもないこのエロ漫画を読んだからですね♪

家出娘、夜の公園で。

仕事帰りに天体観測が趣味の音語が近所の公園に行くとそこには少女が先に星の見える場所を陣取っていた

先客かと思って場所を変えようと思ったが少女が声を掛けてきた

どうやら少女は家出をしたのだがスマホの充電がきれて友達とも連絡がとれなくて困っているらしい

それならと自分のスマホを貸してあげることに

それでも友達と連絡がつかずに待ちの状態の少女

きっとこの状況なら不安もあるだろうしいろいろ複雑な心境のはずだ…

そもそも家出をしてきたんだから心は穏やかじゃないかもしれない

ここは俺が何とか彼女に癒しを与える事で救ってあげなければ…

ということで彼女にキスをするところからはじまりおっぱいを揉みとしていると仕方のない事なのだが男のぺ〇スが大きくなってきてしまった…

自分が気持ちよくなりたいわけではないが…

このままでは愛撫に集中できないということで少女にフェ〇をしてもらおうということに

少女はフェ〇をしたことがないのかぺ〇スを顔の前に持っていっても全くフェ〇をしようとせずむしろきょとんとした表情

ここは丁寧に教えなけらばということでやり方ややる意味を丁寧に教える

何とか嫌がるそぶりもなく丁寧にしてくれたので無事射〇することができた

おちついたぺ〇スになったところで少女への愛撫は再会

後ろからすることで守られている感じするということを聞いたことがあるので少女の後ろへから手で丁寧に弄る

そしていい感じの刺激で濡れてきたところで口で愛撫

クリを丁寧に愛撫したところまでが第2話でした

そして第3話のあらすじいきますね

101065460_BookLiveコミック【AC】家出娘、夜の公園で。※スマホ専用
公式サイトで無料試し読みはこちら

家出娘、夜の公園で。 第3話 ネタバレ

ひっやめて

自分の秘部にそえられたものを見つめる少女

まだ挿入への覚悟は固まっていないのかもしれない

しかし男は女をリードするもの

身体を重ねることの素晴らしさを教えてあげたい

男はあくまでも少女のためを思って自分の股間を押し当てた

お願い…やめて

挿入直後にわずかなとっかかりを感じて歩みを止めた

膜とは外と中を分け隔てるもの

自分と他人の間を取っ払うことで人の温もりを感じてほしい

本来ならこの娘は同級生の男のこと恋をして手を繋いだりの恋愛を重ねるべきだ

しかし今少女は助けを求めている

俺が助けてあげるから!

男は思いを込めて暖かさを彼女の奥深くまで伝えてあげた

少女と一通りいろんな体勢でことをすると少女は泣いていた

男は自分のモノを少女の中からずるりとだすと泣いている理由を考えた

まだ寂しいんだ

ここでおわるわけにはいかない!

男はまだ寂しさの残る少女を助けるためにまた硬さを保っている自分のイチモツをもう一度少女に向けた

家出娘、夜の公園で。 第3話 感想

うーん、完全にとちくるってますね(笑)

はじめからそうでしたけどまあ嫌がってますよね(笑)

もう完全にやりたい欲求ですべてのことが自分の都合のいいようにしかとらえれなくなってますね(^^;

でもエロ漫画なのでここから女の子が落ちるところかもしれません(`・ω・´)

結局女の子もやりたくてやりたくてたまらなくなってくるっていう(*´Д`)

さっきまではじめてだった少女は獣のように男のものを求めるようになっていくのか…

公式サイトで無料試し読みはこちら
101065460_BookLiveコミック【AC】家出娘、夜の公園で。※スマホ専用